部・局紹介

卓球部

卓球部は3年生1人、2年生4人、1年生4人で活動してきました。今年度の定体連では、男女ともに全道大会へ出場することができました。また、女子は団体と個人で全国大会に出場することができました。大会での反省を踏まえ、基礎を固めることができるようメニューを考え練習しています。また、経験者が多いため、お互いにアドバイスし合いながら楽しい雰囲気で練習に取り組んでいます。基礎練習も取り入れつつ、個々の課題を克服するため、課題練習も積極的に取り入れていきたいです。来年度の大会に向けて、前回の大会よりも成績を上げられるように日々練習に励みたいと思います。そのためにも、部員同士で協力し合いながら部活動を行いたいと思います。

バスケットボール部

バスケ部は、男女合同で練習を行ってきました。経験者は1人だけで他は未経験者が多いバスケ部ですが、その中でも練習でお互いアドバイスを出しつつ技術向上を目指して活動を行ってきました。今年度の定体連では、残念な結果で終わってしまいました。しかし、その試合で出た課題の改善や試合の経験を来年度の定体連で活かしていこうと思います。定体連を行う前までの練習メニューは先生が考えていましたが、今は部員同士で話し合い決めています。練習メニューを考えると同時に、今週の目標も決めています。バスケの知識や部員の意識を高めるいい活動であるので、改善しつつこのまま継続していこうと考えています。部員が少ないため、野球部の方々に協力をしてもらっている状態です。そのため、2022年度は部員を増やし、今よりも実践的な練習がしたいと思っています。

バドミントン部

私は、バドミントン部の部長を務めていました。初めは、部活の皆をまとめることが出来るかどうか心配でした。ですが、前任の部長さんや先輩方からアドバイスを頂き、それが、自信に繋がりました。中学で3年間バドミントン部だったこともあり、部長という責任感のある役職につかせて頂きました。中学で培った3年間の経験や、部活の皆の意見を積極的に取り入れ、体力作りや基礎トレーニングなどを中心的に行っていきたいです。
みんながバドミントンをやって楽しいと思えるようにミーティングの機会を増やし、練習メニューを考えていきたいと思います。今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で大会が行われるのが微妙なところですが、1戦でも多く試合に勝てるように皆で一生懸命努力し、練習に取り組んでいきたいです。

野球部

野球部は3年生2人、2年生4人、1年生1人、合計7人で活動してきました。チーム全員が揃って練習できない日も多々あり、練習不足を感じながら大会に臨んでしまい、1回戦敗退してしまいました。ですので来年度は、個々が抱えている課題を克服して苦手を無くし、チーム意識を更に高め、体力向上、基礎能力向上を目指し数少ない練習の中でも基礎を欠かさないで意味のある、そして効率的な練習をして今年度の大会よりも成績を上げたいです。そのためにも全国大会優勝に向けた取組をし、大会でも勝てる力をつけたいです。

国際交流部

国際交流部は令和4年度から、「SDGs学習」「外国人との交流」「地域の方々との交流」を主としたプロジェクト活動を実施します。
【プロジェクト活動の詳細(予定)】
①JICA(ジャイカ)職員とのオンライン学習
②フェアトレード・エシカル消費学習
③他校生徒とのコラボ学習
④村内小・中学生への本活動紹介・学習(英検・パソコン等)サポート
⑤募金活動(在グアテマラ日本大使館の協力より)
⑥古着を海外へ送る
⑦外国人への日本語指導(村教育委員会の協力より)
⑧地域企業の方々との交流

【令和4年度の活動報告はこちらをクリック↓】

①「SDGsとモンゴル遊牧文化」

②「グアテマラ国パジェ大学との交流」

③「ルディさん(インドネシア共和国)との交流」

④「自然災害援助募金」

放送局

今年度は、コロナウイルスの影響もあってか、放送自体が中止になってしまいましたが、事前準備など放送室をいつでも使用できるようにセッティングなどを行いました。計画通りに様々な活動準備をすることは難しかったですが、生農会のお手伝いなどができて良かったなと思っています。3年間を通して、実践活動を行う機会はありませんでしたが、コロナウイルスが流行している中でも充実した活動ができていたなと思います。今回私たちが、活動できなかった分コロナウイルスが落ち着いた後に活動してほしいなと思います。

図書局

今年は、図書室の開放、本の整理整頓、図書購入希望調査などに取り組みました。
図書室の開放では、日付ごとに担当を決め、本の貸し出しを行ったりしています。みんなが担当できるように図書室の開放のルールを考えたいと思います。
図書購入調査では去年よりアンケートを出してくれた人が多かったので色々なジャンルの本が図書室に増えたので次年度もアンケートは取りたいと思います。
次年度は今年行った事を進めながら、今まで図書局が行わなかった事なども行っていき全校生徒や先生方が来やすい図書室を作っていきたいです。

部活動方針

PAEG TOP