学校の沿革

昭和26年4月1日北海道倶知安高等学校留寿都分校として設立許可
昭和26年4月22日村立留寿都中学校校舎一部借用、定時制課程普通科昼夜間制として開校
昭和27年11月 1日市町村立高等学校設置特例法により北海道留寿都高等学校と改称
昭和27年11月23日専用教室2、職員室1、廊下199.2㎡落成
昭和28年10月1日校章制定
昭和30年12月12日専用教室2、廊下140㎡落成
昭和33年4月1日昼間季節制授業に改める
昭和34年11月10日校歌制定(作詞 田丸 猛 作曲 松田 喜一)
昭和36年4月30日校地買収9,389㎡
昭和37年4月30日新校舎落成904㎡
昭和37年5月30日虻田郡留寿都村字留寿都185の8に位置変更
昭和37年7月25日開校10周年校舎落成記念式典
昭和38年6月17日学校グラウンド22,626.3㎡竣工
昭和38年8月30日搬送車車庫24.8㎡ 農具庫8.3㎡落成
昭和41年11月28日農業科転科認可
昭和42年4月6日農業科第1学年31名入学
昭和43年6月1日農業実習室、土・肥料実験室、準備室落成
昭和45年2月10日体育館790㎡落成
昭和46年8月5日開校20周年記念式典
昭和48年12月1日ガラス張り温室155㎡落成
昭和48年12月17日食物教室99㎡落成
昭和54年12月5日農業機械実習室231㎡落成
昭和56年9月12日開校30周年記念式典
平成元年4月1日国際農業、農業福祉のコース設置
平成元年4月9日仮寄宿舎解説
平成2年1月1日寄宿舎落成、清澄寮と命名
平成2年8月18日清澄寮女子棟落成
平成2年12月27日新校舎落成「普通教室及び管理棟」
平成3年11月1日情報処理室122,25㎡、生物工学室122,25㎡落成
平成3年11月10日開校40周年記念式典
校訓制定「豊かな心 新たな挑戦」
平成4年9月20日門柱・国旗掲揚塔設置、及び前庭整備
平成5年11月24日福祉実習室122,25㎡、食物調理室実習室122,25㎡落成
平成6年1月12日農業福祉科設置認可(学科転換)
平成6年4月11日農業福祉科発足、第1学年40名入学
平成12年1月13日増改築校舎落成(1246,48㎡)
平成13年11月10日開校50周年記念式典
平成15年8月26日北海道開発局 2003年度道路功労者表彰
平成16年8月8日平成16年度 第28回北海道新聞ボランティア奨励賞受賞
平成18年5月29日平成17年度後志支庁地区地域活動振興委員会・地域ボランティア表彰
平成19年5月26日(社)日本善行会 平成19年度春季青少年善行表彰<環境美化>
平成21年3月27日介護福祉士養成校として指定
平成23年4月22日開校60周年
令和2年10月30日ガラス温室2404.55㎡落成
令和3年10月20日実習棟99.29㎡落成
令和3年11月24日開校70周年記念式典
PAEG TOP